アンバサダー

 
 
 
 
 
       
 
 
 
 
       
 
 
 
 
       
 
 
   
 
Kim Briers
 
Kim Briersはベルギー出身で、風景写真と水中写真を専門にしています。現在はタイのプーケットに拠点を置き、過去20年間陸上と水中で、私たちの惑星への畏敬の念を起こさせる本質を捉えてきました。
 
Kimはダイブマスター、ダイビングインストラクター、水中写真の教師、海洋生物の研究者、ダイブセンターのマネージャーとして世界中で多くの役割を果たしてきました。彼は特に、中央アメリカの無人島の生物の多様性と気候研究組織に奉仕する海洋生物学者との仕事を大切にしています。
 
彼は数年間、エジプトとヨルダンの紅海を横断し、その後東アフリカに渡り、モザンビーク、ケニア、ザンジバルで教育的な海洋保護プロジェクトに力を注ぎました。その後彼はアジアに移り、タイのプーケットに10年以上住んでいます。最近ではシミラン諸島やタイ南部のダイブアボードに滞在しながら水面下に潜っており、まばゆいばかりの水中生物の写真を撮影しているキムを見つけることができます。
 
多くの場合、撮影は忍耐です。あなたは美しい場所にいて写真を撮ることに興奮しているかもしれませんが1日中気象条件が悪くあきらめかけているかもしれません。しかし突然、その気持ちを吹き飛ばすような輝かしい瞬間が訪れます。わずか1分未満かもしれませんが、あなたはそれをキャプチャし、魔法の瞬間、忘れられない瞬間にいることに気づくでしょう。また水中写真では、生物とその環境を忍耐強く観察し、わずか3mmの毛むくじゃらのエビとアイコンタクトをとることも重要です。写真は終わりがなく魅力的です。